アザラシ型ロボット「パロ」

アザラシ型ロボット「パロ」

2005年3月に発売されたメンタルコミットロボット「パロ」

世界各地の病院や教育機関などで、

子どもたちに対するセラピーを目的に使用されています。

2002年にギネスブックから世界一の癒しロボットとして認定されている。

パロとは

姿はタテゴトアザラシの赤ちゃん

多数のセンサーや人工知能の働きによって

人間の五感を刺激する豊かな感情表現や

動物らしい行動をし、人を和ませ、心を癒している。

 

医療・介護福祉施設などでのセラピー用としてや、

諸事情により、ペットを飼うことが出来ない場合の代替として、

利用されている。

 

ページトップへ